新別府病院ホームページTOP > 当院について > 沿革

沿革

Shinbeppu Hitory

昭和30年12月
新別府病院開院 (30.12.3)指定医第4184号 大分県知事 診療科目 内科・外科 病床200床(結核専用)
初代病院長 中原 典彦就任
昭和34年11月
温泉治療棟完成 温泉・鉱泥治療開始
12月
整形外科・理学診療科(標榜 4科)
昭和35年11月
一般病床101床 結核病床103床 合計204床
昭和38年12月
大分合同庁舎内に内部診療のための医務室を設置
昭和39年6月
救急指定病院(指令医)第3962号
昭和49年2月
人間ドック開始
昭和55年4月
病院収容病床の変更(一般病床 204床)
昭和57年4月
診療棟・1病棟・2病棟・厨房棟・浴室 新築
昭和57年5月
標榜9科 内科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・外科・整形外科・肛門科・理学療法科
昭和59年4月
国家公務員等共済組合連合会に改称
黒岩 英病院長就任
脳神経外科開設(標榜 10科)
昭和60年10月
全身CT機導入
昭和61年7月
RI棟新築、RI機導入
昭和61年8月
放射線科開設(標榜 11科)
昭和62年3月
二次救急病院群輪番制指定
昭和63年6月
泌尿器科開設(標榜 12科)
昭和63年12月
MRI棟新築、MRI導入
平成2年9月
特殊治療棟増築
平成5年7月
診療棟増築(外来待合室拡張、手術室増設)
平成5年11月
診療科新設 心臓血管外科開設(標榜 13科)
平成7年2月
呼吸器外科開設(標榜 14科)
平成8年4月
麻酔科開設(標榜 15科)
平成9年3月
災害拠点病院(地域災害医療センター)指定
4月
10床増床 234床
平成10年4月
20床増床 254床
5月
新看護体制 2対1 開始
平成11年6月
内分泌代謝内科新設 糖尿病外来開始
平成13年3月
急性期病院加算適用開始
12月
医療材料物品管理システム(SPD)稼働開始
平成14年4月
眼科・リウマチ科開設(標榜 17科)
平成14年6月
15床増床 269床
8月
オーダリングシステム稼働
平成14年11月
手術室増設(第5手術室)・外来駐車場新築
平成15年8月
日本医療機能評価機構「一般種別B」認定取得
12月
外来患者薬剤院外処方開始
平成16年3月
臨床研修病院指定
平成17年12月
新別府病院開院50周年記念祝賀会開催
12月
公開市民健康講座開催
平成18年4月
中村 夏樹病院長就任
4月
診断群分類包括評価 DPC開始
11月
敷地内全面禁煙開始 医療安全管理室開設
平成20年8月
日本医療機能評価機構「Ver5.0」認定取得
9月
管理型臨床研修病院指定(平成21年5月11日より基幹型と名称変更)
平成21年3月
新型救命救急センター指定承認
5月
救急科 内分泌代謝内科 腫瘍内科(標榜 20科)
10月
ER運用開始
平成22年3月
電子カルテ開始
平成23年4月
地域医療支援病院認定
平成23年4月
へき地拠点病院認定
平成24年3月
シーメンス64列2管球CT稼働
平成25年3月
救命救急センター棟増設(MRI・CT設置)

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.