診療実績・病院指標

Clinical Results

診療実績


2017年手術実績(10症例以上)  2017年疾病分類(10症例以上) 



平成29年度 新別府病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 61 79 89 183 280 850 1480 1555 470
定義
平成29年4月から平成30年3月までに当院を退院した患者さんの年齢を入院時の年齢で10歳刻みで集計しています。
(入院後24時間以内に死亡した人は除く)

解説
昨年度と同じく今年度も最も多かったのは80歳代となりました。全体における60歳以上の患者数割合は86.3%、70歳以上が69.4%を占めています。
紹介患者では関節症疾患、救急患者では心疾患や疾患や脳血管疾患など高齢者に多い疾患の増加が要因と考えられます。
また、東部医療圏は全国平均より高齢化が進んでいることも影響しているといえます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 175 11.3 10.6 8.00% 78.4
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 44 8.3 7.9 0.00% 68.3
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 42 9.8 8.7 2.38% 75.3
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 38 7.3 7.4 5.26% 72.5
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 38 14.5 11.4 5.26% 79.6
解説
すべての消化器疾患を対象としています。特に消化管疾患(内視鏡専門外来、拡大・特殊光内視鏡診断、早期癌の粘膜下層剥離術、ポリペクトミー、各種止血術、静脈瘻治療、胃瘻造設、炎症性腸疾患、カプセル内視鏡、小腸内視鏡)、肝疾患(肝臓専門外来、肝癌のラジオ波・カテーテル治療、抗ウィルス剤の内服治療、肝不全の集中治療など)、胆膵疾患(膵胆管造影、乳頭切開による結石除去、胆道鏡による胆管内診断、最新超音波内視鏡装置による早期膵癌の診断および穿刺治療、急性膵炎の集中治療など)の専門医療を積極的に行っています。
泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 8.05 7.3 0.00% 77.9
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 14 16.14 12.3 7.14% 83.4
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし
解説
前立腺肥大症や過活動膀胱といった排尿・蓄尿障害に対する診療を主に行っています。前立腺がんや膀胱がんの早期発見に努め腎盂、尿管に対する腹腔鏡手術も行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 123 18.9 17.7 6.50% 83.0
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 89 3.4 3.0 1.12% 71.0
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 53 5.7 4.6 5.66% 70.4
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 39 3.8 5.9 2.56% 70.8
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 31 11.8 12.7 0.00% 66.9
解説
虚血心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)に対するカテーテル治療は24時間体制で診療を行っています。また最近ではCTを使った低被ばくかつ高精度の冠動脈造影も取り入れ虚血性心疾患の治療に力をいれています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040240xx97x0xx 肺循環疾患 手術あり 手術・処置等2なし
解説
電子カルテの運用にともない放射線画像はフイルムレスとなりすべてがモニター閲覧となっています。放射線科医3名(専門医2名)により24時間体制の診療を行っていますが、タブレット型コンピューターを用いた遠隔読影を行うことも可能で、患者が迅速に適切な治療を受けられる救急体制をとっています。チーム医療として、神経内科および脳神経外科医師と協力しながら具体的には超急性期脳梗塞に対する血栓回収術や急性期血行再建術、脳動脈瘤に対して脳動脈瘤コイル塞栓術の治療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 52 10.0 6.3 9.62% 64.3
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 44 22.0 16.4 40.91% 72.4
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 32 20.9 16.5 34.38% 71.9
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし 17 9.7 6.3 5.88% 72.8
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 6.4 5.2 0.00% 73.9
解説
脳血管疾患を中心にてんかんや神経感染症等の神経救急疾患を主に診療しています。放射線科や脳外科と連携をとり、t-PA治療や血管内治療を積極的に行っています。急性期治療後は回復期への転院支援をスムーズに行います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 44 7.8 7.4 2.27% 67.1
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 16.5 15.6 0.00% 73.5
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 6.8 5.6 8.33% 43.2
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 12 25.5 17.3 0.00% 72.7
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 11 15.2 14.7 0.00% 64.5
解説
胃や大腸の悪性疾患の手術のほか、救急疾患では腸閉塞、穿孔、出血などの緊急手術にも対応しています。良性疾患であるヘルニアや痔疾患も扱っており、低侵襲での腹腔鏡下手術での胆嚢摘出術も積極的に行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 44 24.0 12.0 0.00% 71.6
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 37.1 20.8 25.00% 86.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 26 47.0 19.6 11.54% 75.8
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 24 19.6 15.1 8.33% 82.9
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-9あり 12 18.3 3.6 0.00% 72.4
解説
軽症の肺炎から集中治療の必要な重症肺炎の治療や、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療、肺がんの診断および治療を行っています。重症呼吸不全や高齢者の肺炎など生命にかかわる疾患、病態の方が多く入院されており日々多忙を極めております。
他科医師や、薬剤師、リハビリ科、栄養科、看護師等と連携し集学的に治療を進めています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 44 19.2 12.3 4.55% 74.1
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-9あり 28 6.1 10.6 0.00% 69.3
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 21 5.0 12.0 0.00% 69.0
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 7.8 10.0 0.00% 38.9
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし
解説
肺がんに対する手術症例の大半は胸腔鏡を用いており、リンパ節郭清を伴う根治的手術を行っています。腫瘍性疾患の他には漏斗胸に対する低侵襲手術も積極的に行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 35 21.0 19.1 73.53% 74.0
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 32 9.2 7.3 12.50% 69.2
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 30 9.0 9.7 26.67% 74.1
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 24.5 21.4 62.50% 75.6
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 11 2.0 3.1 0.00% 68.7
解説
脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍等、主に外科的治療の対象となる疾患を診療しています。緊急手術が必要な疾患には24時間手術可能な体制を取っています。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 19 18.5 14.3 0.00% 65.4
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 15 22.6 14.6 6.67% 68.0
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病あり
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし
100210xxxxxxxx 低血糖症
解説
糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の治療や内分泌疾患の診断と治療を行っています。糖尿病合併症や低血糖の対応、外来でのインスリン療法導入や栄養指導、糖尿病の教育入院などにより患者さまの療養支援に努めています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2-なし
020200xx9704xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり
020350xx97x0xx 脈絡膜の疾患 手術あり 手術・処置等2-なし
解説
上記疾患はDPC対象疾患のため上位に入っていませんが、入院疾患で最も多いのは「白内障」で入院患者さんの約95%を占めています。
緑内障に関してはHRT-ⅡやOCTを用いて早期診断と治療に取り組んでいます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 16.6 20.8 36.36% 82.0
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2-なし 副傷病なし
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術・処置等1-なし
解説
救急患者の受入はすべて24時間体制で救命救急センターで行っており、平日の昼間は救急専門医、夜間および土日祭日は当直医が初療し、専門的治療が必要な場合は各科医師に引き継ぎをします。救命センターでは現在ICU8床、HCU8床で稼働しており高度でかつ専門的な治療を行っています。
上記疾患は退院時での病名を表しているため「受入れ時」の救急疾患とは若干異なったものとなっていますが、ERではさまざまな疾患に迅速に行う体制をとり地域での救命救急に努めています。
平成29年1月よりドクターカー、4月より救急ワークステーションの運用を開始し、救急医療のさらなる充実を図っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
解説
2017年10月現在は大分大学医学部から心臓血管外科医師が毎週木曜日に外来診察を行っています。入院や手術が必要な患者さまは主に大分大学医学部附属病院へ紹介させて頂いてます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 104 22.9 25.1 0.00% 75.8
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 45 15.3 11.4 0.00% 30.8
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 39 20.9 23.1 5.13% 71
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 32 5 15.2 96.88% 84.7
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27 29.7 27.1 92.59% 85.2
解説
人工関節センターにて、変形性関節症や関節リウマチなどの疾患に対し、膝関節や股関節の人工関節手術を中心に行っています。
術後は自宅等への退院のため早期にリハビリテーションを開始することで平均在院日数の短縮を図っています。
大腿骨頸部骨折の術後は後方連携病院へ転院し回復期リハビリに移行します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 12 UICC 第7版
大腸癌 45 16 UICC 第7版
乳癌 UICC 第7版
肺癌 29 26 26 48 14 80 UICC 第7版
肝癌 30 UICC 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義 ①集計期間内に複数回入院した場合実際の人数より多くカウントされています。
(延べの人数のため) ②初発例としてカウントした患者は再発例にはカウントしてません。 ③TNM分類が不正確等でStage(病期分類)が不明な場合は、「不明」として別記しています。 ④UICC7版を使用しています。

解説
当院では内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、外科手術、抗がん剤治療などを患者さんに合わせた治療を選択し、総合的な医療を提供しています。
胃がん、大腸がんでstageⅠの件数が多いのは早期のがんに対して内視鏡的治療(粘膜下層剥離術など)を多数行っているためと考えられます。肺がんはstageⅠ、stageⅡで手術を行う症例が多くstageⅢ・stageⅣでは内科的治療(化学療法)をおこなっています。肝がんの再発症例が多いのは、初期の段階の症例よりかなり進行した状態で来院される場合が多いためと推測されます。肝がんは症状が出てからでは遅い疾患の一つだといえます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 7.7 61.2
中等症 95 25.8 82.3
重症 20 24.5 87.0
超重症 14 27.0 85.8
不明
定義 入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18で始まるもの。※インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC 040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC 040081)は除外。また、市中肺炎であるので入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外しています。

解説
肺炎は軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者さんの状態によっては入院しての加療となる場合が多い疾患です。当院での市中肺炎の重症度別患者数は、中等症の患者数が95人と一番多くなっています。要因としては、平均年齢が男性、女性ともに高い評価項目の1つにあげられるため、高齢化によるものと考えられます。重症度が増すにつれ在院日数も延びる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 210 28.4 76.8 43.6%
その他 26 36.7 78.2 7.2%
定義
医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$である脳梗塞の症例を集計したものです。

解説
当院で脳梗塞の治療をされる場合、多くは、発症後3日以内に治療開始となっています。当院では超急性期血栓溶解療法(tPA静注療法)には24時間365日対応しています。
治療後は、できるだけ早い段階で早期のリハビリテーションを開始し、退院・転院につながるよう努めております。急性期の治療が終了したのち、全体の約4~5割の患者さんが脳卒中地域連携パスにより転院されています。転院された患者さんは、地域の医療機関でリハビリテーションを継続したのち、ご自宅への退院となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 1.00 7.72 9.84% 67.0
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 0.93 3.30 3.33% 66.3
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.00 1.04 0.00% 76.5
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 4.35 11.65 2.01% 74.0
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 12 0.33 5.17 0.00% 44.8
◇当院での各診療科の特色を反映した手術集計となっています。

定義
①手術(Kコード)について上記5位の術式の集計です。
②術前日数は、入院日(様式1開始日)から主たる手術の手術日まで~手術当日は含まない~日数となっています。
③術後日数は、主たる手術の手術日~手術日当日は含まない~退院日(様式1終了日)までの日数です。
④転院率=転院患者数/全退院数で計算しています。
⑤症例数が10以下は-(ハイフン)で示しています。

解説
開腹手術だけでなく、腹腔鏡下で胆嚢摘出術やヘルニア手術等の手術等の症例数が多いのが特徴です。
イレウス(腸閉塞)や虫垂炎の緊急手術にも対応しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入するもの・その他のもの) 181 0.00 2.83 0.00% 76.2
K278 硝子体注入・吸引術
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法
K2171 眼瞼内反症手術 縫合法
解説
白内障の手術を多数行っており術式は超音波によって水晶体を細かく破砕(乳化)して吸引する「超音波乳化吸引手術」を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 35 3.00 14.20 2.86% 74.1
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 13 2.23 5.69 0.00% 41.8
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他)
解説
肺がんの根治的手術においては腹腔鏡や胸腔鏡での手術を積極的に行い患者さんへの低侵襲に努めています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 63 3.21 4.33 3.17% 71.6
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 52 0.00 16.64 13.21% 69.8
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 1.14 10.95 9.52% 69.7
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 5.00 13.90 4.76% 80.1
K597-2 ペースメーカー交換術 14 1.43 7.21 14.29% 82.1
解説
循環器内科では救急車で来院される疾患で上位を占める急性心筋梗塞に対してステントという金属を血管に入れる治療を多く行っています。
また症状が安定している狭心症に対しても定期的にステントの状態を診ています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 247 0.29 1.44 0.40% 70.5
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 166 1.68 15.02 13.25% 80.9
K654 内視鏡的消化管止血術 37 1.54 12.76 13.51% 73.4
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 36 1.22 13.50 5.56% 79.8
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 31 2.19 18.23 12.90% 70.0
解説
内視鏡で行う手術が上位を占めています。
胃や大腸のポリープ切除術や胆汁のとおり道である胆道にステントを入れる手術が多いのが
特徴です。救急疾患(消化管出血など)の緊急内視鏡的処置も多数受け入れています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 149 1.97 19.64 2.01% 74.5
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 26 0.04 15.50 0.00% 24.9
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 14 5.86 19.14 92.86% 86.5
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 14 7.00 24.43 85.71% 83.9
K068-2 関節鏡下半月板切除術 11 0.00 1.45 0.00% 54.3
解説
当院での代表的な手術として人工関節置換術(膝)があげられます。
それに、関節鏡下で行う靱帯断裂形成手術が続き、スポーツ外傷での膝の手術を積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.58 12.03 33.33% 78.9
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの
K1781 脳血管内手術 1箇所
K1492 減圧開頭術 その他の場合
解説
昨年に続き、慢性硬膜下血腫の手術件数が多く、高齢化の影響と推察されます。
開頭術の他には、放射線科とのチーム医療で脳動脈瘤のコイル塞栓等も施術しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 23 2.35 5.61 0.00% 78.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術
K797 膀胱内凝血除去術
K843 前立腺悪性腫瘍手術
解説
DPC疾患ではないため上記には示されていませんが、泌尿器科の処置/手術として一番多いのは、前立腺針生検となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.04%
異なる 15 0.30%
180010 敗血症 同一 14 0.28%
異なる 13 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.32%
異なる 2 0.04%
解説1
【播種性血管内凝固症候群とは】 本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。入院後に発症している場合が多く、感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響していることが多いと考えられます。 【敗血症とは】 病原体が全身へ波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。高齢の患者さんが肺炎や腎盂腎炎などの感染症を重篤化し発症する症例が多いです。また、術後や悪性腫瘍で化学療法によって免疫力が低下して合併する場合もあります。治療には、人工呼吸管理、持続緩徐式血液濾過、吸着式血液浄化法などの集中治療を必要とすることがあり、DPCでは高額な点数が設定されています。 【真菌症とは】 真菌(カビ)が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。 【手術・処置などの合併症とは】 手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられますが、合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。当院では、ペースメーカーの電池交換手術のための入院がこの中に含まれます。
解説 2
当院は救急救命センターを有し、播種性血管内凝固症候群や敗血症等、重症な症例の受け入れを行っており、「入院契機が同一」となっている症例は、DPC全体の退院患者の中での割合を表しています。また、もともと別の疾患で入院し、その後重症な合併症である敗血症を発症したため、そこに多くの医療資源を投入したという症例が全体の0.06%となっています。割合でいえば少ないといえます。
更新履歴
2018.9.27
2017.9.28
2016.9.29

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.