新別府病院ホームページTOP > 採用情報一覧 > 初期臨床研修医TOP > 医大生のあなたへ

医学生のあなたへ

Message

プライマリーケアに対応できる全人的な良医を育てる

新別府病院のホームページをご覧いただき有難うございます。
皆さん方は医学部を卒業してこれから医療の現場で「頑張るぞー」と張り切っておられると思います。

平成16年度に義務化された初期臨床研修医制度の基で最初の2年間を過ごすわけです。「義務化」という響き(言葉)がよくないですね。
義務化されなくても医者はすべからくプライマリーケアが出来なければならないと思うし、出来てこそ良医(患者さんにとっても)となれるわけです。

皆さん方はいずれ何らかのsubspecialityを目指すでしょうが、subspecialityはgeneralの上にあってこそ意義があるわけです。Generalのないsubspecialityは砂上の楼閣と言っても過言ではありません。もっと言えばgeneralistというsubspecialityもあるわけです。
私は皆さん方にある意味で常にgeneralistたらんとする気持ちを絶えず持ち続けて欲しいと思います。

医者の使命の一つは重症患者さんを助けることにあります。MOF,Sepsis,DICなどの病態を持った患者さんをどう診るかを若いうちに勉強してほしいと思います。
研修医時代に頑張ることは大切ですが意気込んではだめです。私は極端に言えば研修医のときは「気管挿管」が確実に出来るようになればそれでO.Kです。
細かい、専門的な知識はいつからでもできます。

新別府病院は大分大学と熊本大学の協力型医療機関でもあり、また基幹型研修病院でもあります。若いエネルギッシュな先生方がきてくれると病院も活気づくし嬉しいです。
研修医の都会志向などと一部で言われてますが、どこで研修しても一緒です。要はいかに自分のモチベーションを維持・発揮できるかですね。「鶏口となるも牛後となるなかれ」という言葉もあります。都会の大病院で大勢の研修医の中にうもれるよりも地方の病院で先生が研修医を引っ張るのも楽しいものです。こんな考えの病院長です。

皆さんへのお願いです。「3つの―SION」を持ってください。
医者としてのMissionとVisionそして何より大切なPassionです。


病院長 中村 夏樹

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.