新別府病院ホームページTOP > 採用情報一覧 > 初期臨床研修医TOP > 先輩研修医の声

先輩医師からのメッセージ

Voice


久保田 悠太
初期研修医1年目/大分大学医学部卒

 アットホームな雰囲気に惹かれ、新別府病院での研修を決意してから早1年が経ちます。実際に研修していく中で気付き感じたことがありますので紹介したいと思います。
 新別府病院は診療科の垣根が低く、疑問に思った際は先生方を気兼ねなく訪ねることができます。そのような積極性は 大変歓迎され、先生方も勉強になる題材を提供して下さるので、次々に知識や手技を身につけることができます。
 また新別府病院は3次救急病院ですので、交通外傷を含め重症から軽傷まで多くの症例を経験することができます。 救急部で初期対応をした後は、集中治療室へ入室することがありますが、研修医が集中治療室での対応にも関わること ができるので、救急搬入から退院まで一連の治療を学ぶことができます。
 このように3次救急まで扱い、アットホームな雰囲気の病院はなかなかないと思います。見学に来るとわかることが あると思いますので、是非1度お越しください。


福田 晴香
初期研修医1年目/大分大学医学部卒

 当院での研修の特長は「断らない救急を掲げている環境で研修できる点」と「経験できる手技が多い点」だと思います。
 救急車は原則断らないため、病院に○○科はあるが満床なので受け入れできない、ということはなく、様々な症例を経験する機会に恵まれています。また、1次救急から3次救急まで幅広く受け入れており、重症から軽症まで経験でき、一見軽症に思える中から隠れた重症の疾患がないか見極める技術を身につけるにはもってこいの環境です。この技術は将来どの科に進んでも必要な知識と技術だと思うので、研修して損はない!むしろ研修してほしい!と思います。
 また、研修医にできる様々な手技も経験できますし、研修医の人数も程よいので手技を経験するチャンスは多いです 。A科で研修中だけどB科で手技するからやってみない?と呼んでいただき指導していただいたり・・・など。
 当院での研修に少しでも興味を持った方、ぜひ見学に来てください。

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.

?