新別府病院ホームページTOP > 採用情報一覧 > 初期臨床研修医TOP > 先輩研修医の声

先輩医師からのメッセージ

Voice


下森 雄太
初期研修医1年目/大分大学医学部卒

 新別府病院の魅力はたくさんありますが、特に魅力的なのは1次救急から3次救急まで学べることです。
新別府病院は救急救命センターに指定されており、風邪から重症外傷まで様々な方々が搬送されてきます。熱いPASSIONを持っていらっしゃる指導医の先生方のもとで研修医も初療からさせていただくことができ、知識や技術を身に着けるには最高の環境であると思います。
また研修医の人数がそこまで多くないため、救急科以外では各科1人でローテートするので手技や症例の取り合いにもなりません。学会やセミナーには積極的に参加させて頂いており、症例発表の機会も多く、様々な経験ができると感じました。今年度から研修医の人数も増えてきており、大分県で今一番勢いのある臨床研修病院ではないかと考えています!そんな新別府病院で初期臨床研修を行ってみませんか?ぜひ一度病院見学にいらしてください!


福田 春菜
初期研修医1年目/大分大学医学部卒

 当院は別府市唯一の3次救急を有する急性期病院であり、県北からの重症患者の受け入れも多くなっております。同時に1次・2次救急の受け入れも行っており、私たち研修医にとっては軽症患者の対処を覚えつつ、その中から重傷を見つけ出す格好の機会であると思います。
また毎朝ICUカンファレンスやER症例検討会などが開かれており、高度な治療内容の勉強や当直での対応についてしっかりと楽しく学べています。 指導医となる先生方も熱心にご指導くださり、質問もしやすい雰囲気であるので大変勉強になります。基本的にやりたいことはやらせていただけるので、やっていない手技や検査などは積極的に声をかけてくれ指導して下さいます。また他の医療職の方々もとても協力的で、検査内容や専門職ならではのアドバイスをしてくださいます。1年目で緊張しながらスタートさせた研修医生活でしたが、多くの症例を学ぶことができ、楽しく過ごすことができました。臨床能力を大いに高めてくれる病院です。

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.

?