新別府病院ホームページTOP > 地域連携室一覧 > 医療福祉連携について

医療福祉相談室について

Regional Medical Cooperation Office

医療福祉(介護)連携について

病院機能分化の流れの中で、急性期医療から回復期・維持期といった病病連携から、在宅療養を含めた病診連携・福祉(介護)連携が必要とされる時代となりました。

新別府病院は医療・福祉(介護)連携の強化の為、地域医療機関・福祉施設・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・担当ケアマネージャーなどとの連携に取組みます。

急性期治療を担う三次救急医療機関として、地域における責務を果たすとともに、患者様に安心して地域で暮らしていただける為に、患者様・ご家族様の状況に適した療養環境整備をサポートする役割を担い様々な相談に対応する専任の医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)を医療福祉相談室に配置しております。

医療ソーシャルワーカーとは

保険医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行う医療・福祉の専門職です。
個別の面談を通して、患者様に関わる様々な悩みの相談に対して、解決に向けたお手伝いを行います。

院内・院外との連携

「医療ソーシャルワーカー」は院内の医師や看護師を始めとする関係職種と連携を図り、療養中の患者様やご家族の不安や心配事を解決するお手伝いを行います。 また、退院後の療養生活については、院外のさまざまな関係期間と連携を図り調整を行います。患者様が住み慣れた地域で安心して暮らして頂けるようご支援いたします。

具体的な相談内容とは

自宅近くの病院に移りたい…

医療費が心配

入院生活に不安がある

退院後の生活が心配…

自宅で受けれらる介護サービスを知りたい

その他、患者様に関わる様々なご相談をお受けいたします。

ご相談お申し込み・お問い合わせ先

医療福祉相談に関しては「病棟担当制」にて対応しております。
担当は下記の通りです。

氏名 資格 担当病棟
工藤 徳昭 社会福祉士 1・A3・5病棟
井元 哲也 社会福祉士 2・A2病棟・救急救命センター(ICU/HCU)

※外来につきましては交代で対応いたします。

月曜日~金曜日の8:30~17:15

※上記以外についても必要に応じて対応いたします。
事前にご相談ください。

外来受付(医療相談窓口)、病棟、その他お近くのスタッフにお声かけ頂ければ、こちらから伺います。

相談内容についての秘密は厳守します。

お問い合わせ先



©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.