新別府病院ホームページTOP > ご来院案内一覧 > セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

Guidance Shinbeppu Hospital

セカンド・オピニオン(second opinion)というのは日本語に直訳すれば「第2の意見」ですが「病状や治療法について、ご自分の担当医以外の医師の意見を聞き、参考にする」ことを言います。

どういう時に利用するの?受けるメリットは?

・担当医に、診断や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいるとき
・いくつかの治療方針を呈示されているが、迷っているとき
・他に治療法はないかと考えているとき

この様な時に、セカンド・オピニオン外来をご利用することで、

・現在の担当医の治療方針に対する確認が出来ます。
・治療の妥当性(適切性)を再確認することで、納得して治療を受けることができます。
・担当医の呈示する治療法以外の治療法を得ることもあります。

といったメリットを受けることができます。
ぜひ、ご自分で納得して治療を選択して受けるために、他の医師の意見も聞いてみてください。

利用方法は?

まずは現在おかかりの医療機関の担当医に「セカンド・オピニオン外来を受診してみたい」と、ご相談ください。
その後、担当医の先生からの紹介状・検査データ・エックス線フィルムなどの必要資料をお借りください。
患者様やご家族のお話や担当医の先生からの資料をもとに診断・判断しますので、原則として当院で新たな検査・治療は行いません。

ご利用の流れはコチラから確認してください。

受診できる方とご相談内容

患者さんご本人及びそのご家族の方です。なお、ご家族のみの場合は患者さんご本人の同意(同意書)が必要となります。
ご相談内容は、患者さんの病状や診療方針に関する相談です。

※下記のような相談には応じられません。

1)最初から当院での治療を希望されている場合の相談
2)受診中の医療機関の治療や看護への不満、医療過誤及び裁判係争中に関する相談
3)ご家族でも患者さんご本人の同意書がない場合の相談
4)死亡された患者さんの治療に関する相談
5)医療費の内容や医療給付に関する相談
6)受診中の医療機関の担当医が了解していない場合の相談
7)診療情報提供書、検査資料を持参できない場合の相談
8)特定の医師、医療機関への紹介を希望している場合の相談
9)相談内容が当院の専門外である場合の相談
10)申し込み内容と異なる場合の相談
11)転医・転院の希望

セカンド・オピニオン診療科について

当院でセカンドオピニオンを行う診療科は以下の科です。

神経内科/消化器内科/呼吸器内科/内分泌・代謝内科/循環器内科/外科/整形外科/脳神経外科/心臓血管外科/呼吸器外科/泌尿器科/放射線科

※お申し込みの相談内容について、当院担当科の医師が判断して受診の可否を決定いたします。内容によってはお断りする場合もございますのでご了承ください。

相談当日に持参いただくもの

  • 主治医からの紹介状
  • 検査資料(画像診断フィルム、血液検査データ等) ⇒ 主治医から借用してください。
  • 健康保険証(念のためにご持参ください)
  • ご家族だけのご相談の際には、患者さま本人の相談同意書及び患者様との関係を確認できる書類(運転免許証等)が必要です。

お申し込み窓口について

完全予約制ですので、事前に「地域医療連携室」へ電話でお申し込みください。
ご連絡をいただいたら、申込書を郵送させていただきます。
→申込書及び同意書はこちらからダウンロードもできます。

申込書のダウンロード
同意書のダウンロード

©Shinbeppu Hospital. All rights reserved.